• ホーム
  • 糖尿病による下肢の血行不良による勃起不全の可能性も起こり得る

糖尿病による下肢の血行不良による勃起不全の可能性も起こり得る

勃起不全という症状は男性に深刻な問題です。
男性は何歳であっても性の要求が強く、できることなら中高年になっても性生活をたのしみたいと考える人は少なくありません。
しかし、中高年になると仕事も忙しくなりますし、外では重要な仕事の役割を担い、精神的な負担を抱えることもあります。
また家庭でも子供たちが成長し、父親としての役割をしっかり果たす必要があるので、責任が重くのしかかってきます。
そのような精神的な重荷、そして負担があると勃起不全の症状を起こしやすいと言います。
また中高年では病気を持つ人も増えてきますよね。
例えば生活習慣病という問題。
普段の生活習慣や食習慣が大きく関与して発生する問題が生活習慣病なのですが、その中でも糖尿病は勃起不全に大きく関与すると言われます。
それはなぜでしょうか。
糖尿病というと、血液の中に糖が見られるようになるので、ドロドロとした血液になっていることが少なくありません。
また糖尿病の人は高脂血症を併発している人も多いので、血管内が動脈硬化が進んでいるということもあるのです。
特に下肢の末梢の血管というのは細いために、血管が詰まりやすくなり循環が悪くなります。
また太い血管も閉塞するほどではありませんが、一般の人に比べると血液の循環が悪いといったことがあります。
勃起不全という症状には、実はこの下肢の血液循環が大きくかかわってきます。
ペニスに十分な血液なたまらないと勃起することが出来ずに勃起不全になってしまうのです。
そのために糖尿病の人は下肢への血液循環などの注意しておく必要があるのです。
その治療法では血液循環をよくするための内服治療などがあります。
また糖尿病を悪化させないために心掛けが大切です。