• ホーム
  • 精力減退を放置すると勃起不全になる?

精力減退を放置すると勃起不全になる?

精力減退を放置していると勃起不全になることがあります。
精力減退はだれにでもあることですが、勃起不全はEDという病気なので、一度かかってしまうと簡単には治らないようです。
精力減退の原因はさまざまです。ただの疲労からくるものならば、だれにでもあります。
しかし、ただの疲労からくる精力減退であったとしても、それを放置したままにしておくと勃起不全につながってしまうこともあるようです。

精力が減退していたら、問題が深刻化する前にパートナーと強力をして改善をしてしまいましょう。
精力が減退した状態では本番行為をすることは難しいかもしれません。
しかし、必ずしも本番行為をしなければパートナーとの愛の営みを楽しめないというわけではありません。
勃起ができなくても、パートナーと抱き合っているだけでも精神的な満足感は得られます。

精神的に満たされてくると、精力も回復してくる傾向です。
パートナーへの愛が深まるにつれて、性的な興奮度も増していきます。
やがて、本番行為をしたいという欲求が生まれていく可能性もあります。
精力減退には勃起力が低下しているというパターンと、そもそも性欲があまりないというパターンなどがあります。
勃起力が低下していても、性欲が高まってくれば総合的な精力が強くなるので、本番行為ができるようになるでしょう。

一番やってはいけないのは、疲労などから精力が湧かない状態にあってもパートナーに冷たい態度をとってしまうことです。
パートナーが精神的なトラウマになり、精力が回復した後も行為ができなくなってしまうかもしれません。
精力が低下している状態では満足の行く本番行為はできないでしょう。
しかし、そのようなときでも軽いスキンシップ程度ならとれるので、パートナーとふれあったり、愛の言葉をかけあうことで精神的な満足感を得るようにしましょう。
なにもせずに放置をしていると勃起不全などの病気につながってしまうこともあるので、注意が必要です。

男性機能を保つことでいつまでも若々しく

精力減退の大きな理由は老化にあります。
男性機能の衰えは個人差がありますが、30代の後半くらいから老化による影響を感じるようになるという意見が多数のようです。
精力減退を放置していると勃起不全につながってしまいます。
まだEDにかかっていないのならば、病気ではないので努力をすることで解決ができるはずです。
EDとは完全に勃起ができない状態のことを指すと勘違いしている人もいるので注意しておきましょう。

EDには勃起はするが十分でなかったり、短い時間で萎えてしまったりすることなども含まれます。
少しでも疑いを持ったら病院へ行って相談をしておくことが無難でしょう。精力減退を改善するためには、パートナーと協力をすることが重要です。

本番行為ができたらよいですが、できなかったとしても諦めてはいけません。
本番はしなくてもじっくりと愛をはぐくむような擬似セックスで精神的な満足感を得ましょう。
必ずしも肉体的な満足感だけが重要になるではありません。

老化による精力減退は誰にでもあるものですが、運動をしたり、バランスのとれた食事をとったりすることで元気を維持することができます。
ランニングやウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。
セックスでは下半身の筋力も影響してくるので、スクワットなどをして下半身を鍛えることもおすすめです。
適度なトレーニングをすることで男性ホルモンを増やすことができるというメリットもあります。

ただし、過度なトレーニングは逆に男性ホルモンを減少させてしまうので注意しましょう。
適度な運動、十分な睡眠、バランスのとれた食事が重要です。年をとると消化する力も弱まるので食欲がでないこともあります。
そのようなときはサプリメントを活用するとよいです。